ダウンロード

Dragonframe を 30 日間お試しください

Dragonframe ストップ モーション ソフトウェアの無料トライアルを今すぐ始めましょう。これはカメラをテストし、プログラムの機能を理解する機会です。 Dragonframe の詳細をご覧ください。

重要: 試用中にキャプチャされた画像には、削除できない透かしが含まれます。 【お試しFAQ】


始めるのに役立つリソースがたくさんあります。

  • まず、ビデオ チュートリアルをご覧ください。 【チュートリアル】
  • カメラのセットアップ手順を確認してください。 【カメラ対応】
  • 詳細なユーザー マニュアル、FAQ のリスト、追加のヘルプをリクエストする手順については、サポート センターをご覧ください。 [サポート]

試用版は 30 日間有効で、次の制限があります。

  • 画像には削除できない透かしがあります。
  • 1回のテイクで最大50コマ撮影できます。
  • カメラの RAW 形式はサポートされていません。

DF2024 バージョン履歴

Dragonframe 2024.05.2

* macOSでビューが消える問題の回避策
* サポートされていない形式の参照ムービーデコーダーで発生する可能性のあるクラッシュを修正
* 編集中に描画レイヤーのテキスト領域の外側をクリックするとクラッシュする問題を修正しました
* 無効になっている場合は投影セーフマスク領域を表示しません
* macOSでのBluetoothオーディオ再生の改善
* 2チャンネル以上のオーディオシステムをスムーズに処理
* リアルタイムモーションコントロール再生カウントダウンを復元しました
* モーションコントロールの「B-Line」ダイアログを少し怖くしました
* フローティングツールパレットの表示と非表示のループを修正
* ダイアログに移動した後のキーボードフォーカスを修正しました

Dragonframe 2024.05.1

* sRGB ソースをモニターのカラー プロファイルに変換するための、OCIO 経由の基本的なカラー管理。
* ライブビューの拡大ビューにはそれぞれ独自のグリッドが表示されます
* シネマトグラフィーテストとリファレンス領域に並べ替えオプションを追加しました
* Cine: カメラノートのポップアウトウィンドウを追加
* 円弧: 軸のグループ全体をロックするグループロックを追加しました
* Arc: インデックスされた露出割り当てを直接確認および変更する
* 円弧: 最後のキーフレームを過ぎて外挿するための「曲線を延長」オプションを追加しました
* 一部のカメラに「バーストモード」を追加しました

Dragonframe 2024.01.5

* 編集中に描画レイヤーのテキスト領域の外側をクリックするとクラッシュする問題を修正しました
* フローティングツールパレットの表示と非表示のループを修正
* ダイアログに移動した後のキーボードフォーカスを修正しました
* オーディオ wav ファイルの読み込み時にファイル末尾にエラーが発生する問題を修正しました
* Arc: moco 同期時に仮想を終了して、「位置に到達できませんでした」エラーを回避する
* 描画レイヤーのテキストエディタを修正
* 最初のフレームでの dmc-lite の go-motion を修正しました
* Canon CR3 HDR-PQファイルから使用可能なHEIFファイルを抽出します

Dragonframe 2024.01.4

* カメラの自動タイマーによってオフになった場合は、Nikonライブビューを再度有効にします
* SUP 1.9+ の ARRI ISO およびシャッター スピード設定を修正
* メディアプレーヤーのコンテキストメニューが表示されない問題を修正 (Windows/Linux)
* アニメーションの再生中にプログラムを閉じるとクラッシュする可能性がある問題を修正
* カットバックダイアログ使用後のキーボードフォーカスを修正
* 重複した「タグによるステップの切り替え」ホットキー エントリを削除しました
* テイクを切り替えるときにシーン レイヤー名が更新されるようにする
* dmc-lite: ステップの損失と目標到達の失敗を修正するために更新されました
* dmc-lite: DFへのポジション変更通知率を向上
* Arc: グラフパフォーマンスの回帰を修正
* Arc: ジョグパッドモードを終了するときにジョグパッドの「キーダウン」状態をクリアし、再度アクティブにしたときに誤ったジョグ動作を防止します。
* Arc: ライブビュー画像を取得する移動テストの改善
* Arc: 仮想構成を無効にしたときにクラッシュする問題を修正
* Flair: 立体視撮影時の初期動作を右目の位置に修正
* Linux: libtiff の依存関係を削除

Dragonframe 2024.01.3

* DMX ワークスペースのライブビューの動作が遅い問題を修正
* カラーパレットツールがウィンドウの隅で動かなくなる問題を修正
* Nikon ライブビュー圧縮をサポートするカメラでの改善
* ユーザーがシーン レイヤーをトグル グループに割り当てられるようにします

Dragonframe 2024.01.2

* 非表示/タグ付きフレームのあるシーンのウェルカム画面プレビューを修正
* マウス ホイールを使用してアニメーション ビューを拡大縮小する問題を修正
* フローティングツールパレットが間違ったモニターにランダムに移動する問題を修正
* SPACE を押したときにアニメーションを再生する代わりにフローティング ツール パレット ボタンが切り替わる問題を修正
* シーケンスの途中でアウトポイントがカメラで撮影されている場合、アウトポイントを移動し続けます
* ガイドレイヤーを切り替えるデフォルトのホットキーを SHIFT + 1 ~ 8 に変更しました
* 設定ダイアログがメイン ウィンドウの後ろに表示される問題を修正
* タイムラインの終わりを超えて空のフレームの大部分を削除するときのクラッシュを修正しました
* 円弧: 間違った軸グループ (仮想または非仮想) を使用するジョグパッド モードを修正しました。
* Arc: macOS Bluetooth ゲームパッドの切断を修正するために SDL ライブラリを更新しました。
* アーク: DMC でのインデックス付き軸のゴーモーションを修正しました
* Arc: dmc-lite がトリガー UI に表示されるようにする
* 円弧: 最後の軸をクリックするとグループがドロップアウトする問題を修正
* DMX: Aputure Amaran F21x/c および F22x/c DMX フィクスチャを追加しました
* DMX: EclFresnel DMX フィクスチャを追加しました
* DMX: Forza 60B II および 150B 照明器具の定義を追加
* DMX: Cineroid FL400 および FL800 照明器具の定義を追加
* DMX: PavoTube II 15C および 30C フィクスチャ定義を追加
* DMX: Gemini 1x1 および 2x1 フィクスチャ定義を追加
* DMX: Nanlux Evoke 2400B フィクスチャ定義を追加
* DMX: Prolycht Orion 300 FS および 675 FS フィクスチャ定義を追加

Dragonframe 2024.01.1

* ガイドレイヤーのホットキー切り替えを改善
* 新しい dmc-lite Arduino リアルタイム モーション コントロール スケッチ、Giga R1 および Portenta H7 用
* 再生パフォーマンスの向上
* NDI 入力: NDI 入力を直接統合
* NDI/Blackmagic/Syphon/Spout ライブビュー出力を特定のカメラにロックするオプション
* DMX 生成エフェクト: ちらつき、パルス、または静的なエフェクトを自動生成します。
* Arc: ジョグパッド キーを使用するが、メインの Arc ワークスペースに留まるジョグパッド モードを追加しました。

Dragonframe 5 ソフトウェア (ライセンスは「D5」または「DF」で始まります)

DF5のバージョン履歴

Dragonframe 5.2.8

* オーディオ wav ファイルの読み込み時にファイル末尾にエラーが発生する問題を修正しました
* ジョグパッドモードを終了するときにジョグパッドの「キーダウン」状態をクリアし、再度アクティブにしたときに誤ったジョグ動作を防止します。
* 移動テストで失われたフレームの処理を修正
* Flair 3D セットアップの初期移動が右目の位置になる問題を修正
* テイクを切り替えるときにシーン レイヤー名が更新されるようにする
* SUP 1.9+ の ARRI ISO およびシャッター スピード設定を修正
* Linux libtiff 依存関係を削除
* カメラの自動タイマーがオフになった場合、Nikon ライブ ビューを再アクティブ化します。
* 非表示/タグ付きフレームのあるシーンのウェルカム画面プレビューを修正
* 存在しないフレームの大部分を「削除」するときのクラッシュを修正しました (タイムラインの最後)
* DMX: カスタム名はあるがキーフレームがないチャンネルは、「プログラムされていないチャンネルを非表示にする」が選択されている場合に非表示になります。
* Arc: moco 同期時に仮想を終了して、「位置に到達できませんでした」エラーを回避する
* アーク: DMC でのインデックス付き軸のゴーモーションを修正しました
* アーク: 仮想軸グループが仮想モードに正しく連動する

Dragonframe 5.2.7

* クラッシュせずに突然の終了を処理します
* 異なるサイズの「過去テイク」参照レイヤーを処理
* NDI 出力描画レイヤーのテキストを修正
* ハードウェアアクセラレーション使用時のサイフォンを修正
* 参照ムービーが最後の 1 秒ほどロードできないことがある問題を修正
* セカンダリ カメラのビデオ アシストが適切な設定になっていることを確認します
* 最終的にキャプチャされたフレーム (またはカメラ) を通過したときに単一フレームをステップ実行するように「タグによるステップ」の動作を変更しました。
* Arc: プログラム言語がフランス語に設定されている場合、ユーザーが DMC ファームウェア ファイルを選択できない問題を修正しました
* アーク: アニメーション中にユーザーが手動で Moco フレームをステップ実行する場合は、次のステップを開始する前に 1 つのステップが終了していることを確認してください。
* macOS: macOS Sonoma 14.2.0 についてユーザーに警告する

Dragonframe 5.2.6

* 自動切り替え速度が遅いときのライブ ビューの更新が高速化されました。
* take.xml の保存を複数回試み、すべてが失敗した場合は別の場所に保存することに頼る
* ホールド フレーム ダイアログの後に「ライブ」フレームにジャンプしないでください* macOS - Web カメラのセキュリティ認証の問題をユーザーに報告します
* カメラのメモリカードがカメラデバイスとして表示されないことを確認してください
* 別のオーディオトラックを削除した後にオーディオトラックが表示されるバグを修正
* 円弧: あるキーフレームを別のキーフレームと同じフレームにドラッグできないようにします
* 円弧: 「移動位置への移動」にタイム ワープ軸を含めないでください。
* Arc: キーフレーム削除時のメモリ リークを修正

Dragonframe 5.2.5

* Sony A6700 のサポートを追加
* Fujifilm X-S20 のサポートを追加
* テイクを切り替える際のダイアログ トラックでの潜在的なクラッシュを修正
* メディア プレーヤーの表示/非表示を切り替えた後、アニメーション ワークスペースにフォーカスを戻す
* ヒストグラムジェネレーターによる潜在的なクラッシュを修正
* 映画撮影メタデータに表示される間違ったシャッタースピードを修正
* 「フレームを保持」ダイアログを使用した後、現在のフレームにジャンプしないでください。
* メディア プレーヤー ウィンドウがアプリケーション ウィンドウの後ろに来る問題を修正
* DMX: カラー セレクターに色温度と緑/マゼンタ フィールドが表示されない問題を修正

Dragonframe 5.2.4

* 一部の Nikon カメラでのロックアップを修正
* 軸の「オンポジション」ステップデルタを適切に使用する
* mp4 カラースペースの問題を修正
* いずれかの円が画面から外れている場合は、デジタル濃度計を中央に再配置します
* X シートの開始フレーム、終了フレームなどのテキスト エディタ ダイアログが正しい場所に表示されていることを確認してください。
* Apple DNG ファイルに埋め込まれた JPG をサポート
* iOS の DF Tether に「画像サイズ」オプションを追加しました (iPhone 14 Pro の 48MP 画像の場合)
* Apple DNG および Canon CR3 ファイルからの JPG 生成の改善 (macOS のみ)
* 保存されたカラー パッチに色をドラッグすると、カラー ダイアログでクラッシュする問題を修正しました

Dragonframe 5.2.3

* コンポジットムービーのエクスポートにおける参照レイヤーのスケーリングを修正
* プッシュインマスクと水平/垂直オフセット使用時の FIT 画像スケールを修正
* プッシュインマスクと水平/垂直オフセットを使用する場合の映画撮影の「静止画のエクスポート」を修正
* ショートプレイダイアログのキー入力を修正し、デフォルトが「666」にならないようにしました
* オーディオ システムが動作していない場合はユーザーに通知し、ステッピングが引き続き動作することを確認します
* 移動撮影モード使用時の初期モーション コントロール同期フレームを修正
* メイキング露出をキャプチャした後のカメラ設定を修正

Dragonframe 5.2.2

* ハードウェア アクセラレーションによるビデオ デコードが失敗した場合に発生する可能性のあるクラッシュを修正
* 複数フレームのオニオンスキンを修正 (フレームエコー)
* 「適合」ステータスに影響を与えるフレームカラータグを修正
* エクスポートされたムービーに作成日を設定します
* 右下のARCボタンにツールチップを追加しました

Dragonframe 5.2.1

* タグ付きフレームのコンフォームドロップを修正
* フローティング ツール パレットの代替コンポジション ガイド カラー セレクターを修正
* メニューを閉じるかモードを切り替えると、ゲームパッド メニューから「ジョグオール」モードを終了します
* メディア プレーヤーのタイトル バー ボタンにツールチップを追加しました

Dragonframe 5.2.0

* ライカ SL / SL2 / SL2-s のサポートを追加しました。
* Sony ZV-E1 のサポートを追加しました。
* 軸グループ: モーション制御軸をグループに編成します。 Arc ハンバーガー メニューからグループを追加し、そこにチャンネルをドラッグします。
* フレーム タグ: タイムラインまたは X シートでキャプチャしたフレームに色付きのタグを追加します。タイムラインを右クリック (macOS では Control キーを押しながらクリック) し、コンテキスト メニューからタグを適用します。 (X シートで、タグを表示するには「TAG」列を追加します。) 編集すると、タグはフレームとともに移動します。これを使用して、ポストプロダクションの理由でフレームをマークしたり、フレームのセットをすばやく表示/非表示にする方法として使用したりできます。
* ブロック/リハーサル アニメーションの改善: ステップバイタグとマルチショットの最初のフレームの自動タグ付け。
* 露出を参照レイヤーとして追加するオプション。これにより、テイクを撮影しながら合成レイヤーを再生できます。
* アニメーションワークスペースのオーディオトラック読み取りHUDを別のウィンドウにポップアップ表示できます。
* JPEG ビデオ アシスト画像のハードウェア アクセラレーション – macOS Apple シリコン マシンおよび Intel グラフィックスを搭載した Windows 上。
* 参照レイヤー ファイルが見つからない場合、プログラムはレイヤーを削除せずに保持するようになりました。欠落しているシンボルが表示されており、レイヤーを右クリック (または Control キーを押しながらクリック) してメディアを置き換えることができます。
* 最大カメラ数が 4 台から 8 台に増加しました。
* アニメーション ワークスペースにさらにズーム レベルを追加しました: 225%、250% など。
* アナモフィック デスクイーズのサポートが改善されました。アナモフィック設定はシーン|カメラに移動しました。
* メディアレイヤーとして露出を追加するオプション。
* 個別の描画レイヤーのエクスポート/インポート。
* 多くのチャンネルでの DMX UI パフォーマンスが大幅に向上しました。
* ムービーのエクスポート「すべての露出」が複数のカメラで機能するようになりました。
* 代替構成ガイドに色を割り当てて、より簡単に区別できるようにします。

Dragonframe 5.1.5

* Canon Digital Rebels が取り外した後に取り付けられたように表示される問題を修正
* ハードウェア アクセラレーションを使用した一部の macOS プラットフォームでの不具合のあるリファレンス ビデオ再生を修正
* 間違ったキーフレームを変更する Arc キーフレーム テーブルのコンテキスト メニューを修正

Dragonframe 5.1.4

* Canon EOS R100 のサポートを追加
* Nikon Z8 サポートを追加
* シグマキャプチャの失敗を修正
* 「過去のテイク」参照レイヤーが正しく読み込まれない問題を修正
* macOS で Command-Q が機能しない原因となるイタリア語翻訳を修正
* FLAIR とモーション コントロールの統合の改善
* Apple Silicon Mac での AIM ポイントの障害を修正しました。
* 特定のカメラで Nikon のシャッター速度が 1/30 インチより遅くならない問題を修正

Dragonframe 5.1.3

* macOS オーディオ システムのフリーズを修正
* メディア プレーヤーで参照レイヤーを切り替えるためのホットキーを修正しました
* 「チャンネルの保存」使用時の DMX チャンネル名を修正

Dragonframe 5.1.2

* Fuji X-T3 のフォーカスチェックを修正
* Nikon Z7 IIのフォーカスチェックを修正
* DFMoco とゲームパッド コントローラーを使用した可変速度ジョギングを修正
* 露出を削除する際の DMX プログラム階層を修正
* 9 ピクセルを超える DMX フィクスチャのピクセル リストを修正
* 他の選択されたチャンネルを編集する DMX テキスト値入力を修正
* アプリケーション終了時の Windows での潜在的なクラッシュを修正
* コンテキスト メニューを使用した後に閉じる際のクラッシュを修正しました (Qt のバグ)

Dragonframe 5.1.1

* Canon EOS R50 のサポートを追加
* Sony A7R V heif フォーマットのサポートを追加
* 誤った setSettings での Z-Cam キャプチャーを修正
* Olympus E-M1 Mark II ハイレゾモードを修正
* ビデオ アシスト キャプチャ エラーに対して正しいカメラを表示する
* C2/C3/C4 エクスポージャの複合エクスポートを修正
* 400% 画像を画面上で完全に移動できるようにする
* 一部の管理者がブロックしているため、Windows で「cmd」を使用しないでください
* カメラ設定の警告メッセージで適切な画像の向きを使用してください
* Windows 125% DPI アーティファクトを修正
* 1.6 アナモフィック スケーリングを追加
* キャプチャ中、ムービー プレーヤー ウィンドウは常に同期されます
* DMX: Astera HydraPanel フィクスチャを追加
* アーク: 自動切り替え時にメッセージを表示
* Arc: ジョギング中にすべてのスライダーが UPLOAD MOVE に切り替わる問題を修正
* Arc: アニメーターが制御する軸について moco が混乱する問題を修正
* キーパッドを介してアーク ジョグパッド モードを開くことに関するユーザー ガイドへの注記を追加
* EDL でタグの色をマスクします (DF5.2 で編集されたファイルが適切に開くように)
* カメラが切断されたときに macOS 13 でクラッシュする可能性があった問題を修正
* カメラが切断されたときに Windows で発生する可能性があったクラッシュを修正
* Sony ドライバーによって引き起こされる潜在的なクラッシュを修正
* x-sheet/guide-layer/notepad タブをドラッグするとクラッシュする可能性があった問題を修正
* ムービーのエクスポート中に発生する可能性のあるクラッシュを修正
*メイキング画像をキャプチャした後、タイムラインの開始時にフレームを削除するとクラッシュする可能性があった問題を修正

Dragonframe 5.1.0

* macOS: macOS 10.14 以降が必要
* Windows: Windows 10/11 が必要
* Ubuntu: Ubuntu 22.04 以降が必要です
* Fedora: Fedora 28+ が必要
* Contour Shuttle 統合を追加
* Z-CAM カメラのサポートを追加
* SIGMA fp および fp L カメラのサポートを追加
* Ani: macOS および Windows にメディア レイヤー再生用のハードウェア アクセラレーションを追加
* アニ: メディア プレーヤーをピン留めするオプション。
* Ani: アニメーション ワークスペースで bash ライトを切り替えるホット キー
* Ani: グリッドレイヤーを切り替えるホットキー
* Ani: 「カメラをメディアレイヤーとして」を追加
* Ani: 再生用のよりシャープな高解像度プロキシ
* アーク: UI パフォーマンスの向上
* Arc: 移動テスト / インデックス位置のリアルタイム再生
* Arc: リアルタイムのループとピンポン再生
* Arc: リアルタイム再生で動画の録画を自動的に開始/停止するオプション
* Arc: 仮想リグで移動できるかどうかを判断
* Arc: 現在の位置に移動する向きを変える
* Arc: 実際のモーター位置と仮想モーター位置の両方の OSC を出力
* DMX: それぞれ 512 チャンネルの最大 4 つの DMX「ユニバース」をサポート
* DMX: 多くのチャンネルで UI パフォーマンスを改善
* DMX: ゲル リスト付きの ARRI フィクスチャ用のゲル セレクターを追加
* オーディオ: シーンのロード時にトラックの順序を復元
* オーディオ: リップ シンク ムービーのエクスポート
* Unreal Engine で使用できる NDI ビデオ出力を追加
* heif/heic 画像のサポートを追加
* x264 mp4 出力を使用すると、より良い結果が得られ、すべてのプラットフォームで一貫したサポートが得られます
* X-Sheet: 別のウィンドウにポップアウトするオプション
* X-Sheet: 描画ツールに複数のオプションを追加

Dragonframe 5.0.10

* 「DF」ライセンスを適切に処理する

Dragonframe 5.0.9

* Canon EOS R6 Mark II のサポートを追加
* Canon EOS R7 のサポートを追加
* Canon EOS R10 のサポートを追加
* ニコン Z9 のフォーカス チェックを修正
* サイレント モードでのニコンのキャプチャの問題を修正
* パナソニック S5 APS-C クロッピングの問題を修正
* 多くの描画レイヤーでのパフォーマンスの向上
* システム OpenGL の場合のクラッシュを回避 < 2.0
* 終了時のクラッシュを修正
* Kessler を使用した移動テストのパフォーマンスの向上
* 「すべてのテイクをコンフォーム」中に X シート アラートを表示しない
* MACアドレスでシリアルポート名を許可
* アーク軸メニューの偶発的なドラッグを修正
* 縦向きのサムネイルの回転を修正
* DMX: RGB、HSI チャンネルをマルチチャンネル フィクスチャと適切に一致させます。
* DMX: 非表示のチャンネルにキーフレームを作成しない
* Enttec デバイスにトリガー メッセージを送信しないでください
* イメージのインポート ダイアログで大きなグループのファイルを選択する際の問題を解決

Dragonframe 5.0.8

* macOS でモニターを切り替える/取り外す際のクラッシュを解決しました
* C2/C3/C4 の高解像度プロキシ ディメンションを修正
* Windows ウェブカメラのフォーカスがフレームごとに変わる問題を修正
* Canon および Olympus カメラからの 4GB 以上のビデオ ファイルを処理
* eMotimo ST4 を使用した RUN LIVE のプレロールを修正
* RGKit Play プリセットを追加
* Ubuntu 22.04+ OpenSSL 3 の問題を回避

Dragonframe 5.0.7

* Windows ファイル ダイアログのフリーズを修正
* Canon R5 C のサポートを追加
* Panasonic GH5 Mark II のサポートを追加
* ショットごとに iPhone がズームアウトする問題を修正
* 1 秒あたり 1 枚の画像よりも速く撮影するとニコンのキャプチャが失敗する問題を修正
* 同じ名前の複数のカメラを使用する場合の C1/C2 スワップ ビデオ アシスト/静止画を修正しました
* C2 ビデオ アシストで表示されるバッシュ ライトを修正
* データを引用符で囲む修正された csv インポート
* 複数のオーディオ HUD でシーンを開く際のクラッシュを修正

Dragonframe 5.0.6

* Panasonic LUMIX GH6 のサポートを追加
* 大きな Panasonic ライブビューのサポートを追加
* Nikon Z9 のサポートを追加
* カメラのドライブ モードが正しくない場合、Sony ユーザーに警告する
* キャプチャ中の Blackmagic の停電を修正

* sRGB OpenGL バッファを使用して適切な色表現を確保する

*レイヤーをクリックするとガイドレイヤーがジャンプする問題を修正
* Canon EOS R/RP ストップ モーション ファームウェアのデジタル フォーカスを適切に待ちます
* ENTER を押して「複数を撃つ」を起動する際のビープ音を修正
* 更新された FTDI ドライバー リンク (Windows の [ヘルプ] メニューから)
* シーン インポーターが x-sheet 列をインポートしようとする

* 大きいチャンネル番号での DMX のコピー/貼り付けを修正
* 露出ごとの固定 DMX プログラム リレー/ロジック
* 露出を削除するときに DMX プログラムが孤立しないようにする

* DMC + DDMX512 + インデックスベースのブラーが不適切なライティングを引き起こす問題を修正
* Moco TCP 接続は mDNS ローカル ホスト名を使用できます
* 非 Dragonframe デバイスのファームウェア バージョンの警告を修正
* 可能なデバイス リストに「Kessler Moco」を追加
* アップロードの移動中に moco デバイスが切断されるとクラッシュする可能性があった問題を修正
* 空白の軸リストを表示するジョグパッドを修正
*デカルト仮想がブーム/スイング警告をトリガーしていた

* オーディオ HUD が動かなくなる問題を修正
* 読み込み時に、絶対よりも相対的なオーディオおよび参照レイヤー ファイルを優先する
* サウンド ファイルのパスを正規のパスに変換する

* 余分なカメラが誤ったビデオ アシスト設定を取得する問題を修正
* 「同期」中はカメラ設定の編集を許可しないでください
* ユーザーがキャプチャ中にビュー カメラを変更したときのクラッシュを修正

* 新しいシーンを開くときにシーンの保存に失敗したときのクラッシュを修正
* save take xml が失敗した場合、直接書き込みにフォールバックします。
* take xml の保存に失敗した場合に、より多くのデバッグ情報を出力します。

* macOS 10.13 との互換性のために FBX ライブラリを修正
* フローティング ライセンスの警告に対してポップアップするメッセージ ボックスが 1 つだけであることを確認します
*デカルト仮想セットアップを説明するためにユーザーガイドを更新しました。

Dragonframe 5.0.5

* Canon EOS R3のサポートを追加
* Sony A7 IV のサポートを追加
* Canon EOS R フォーカス コントロールが以前の位置を復元する問題を修正 (フォーカス コントロールにはストップ モーション ファームウェアが必要)
* 複合ムービーのエクスポートのクラッシュを修正
* macOS アプリケーションのアイコンを現在のガイドラインに合わせて更新
* ProRes エクスポートの最大サイズを 8K に増加
* テイクを切り替える前に、シーン メタデータ txt ファイルが書き込まれることを確認します。
* カメラ/ビューを切り替えたときのタイムラインでのメディア レイヤーの展開/折りたたみ状態を修正
* DMX: プログラムがユーザーにフィクスチャの最後の要素を削除させていたバグを修正
* ARC: 軸の偶発的な並べ替えを修正
* ARC: Arduino DFMoco go-motion は、ぼかしが有効な軸専用です。
* ARC: 手動軸データがアニメーション ワークスペースに表示されない問題を修正
* ARC: オンラインの AIM ポイント ジョグが正しく機能しない問題を修正
* プログラムが「同期」モードにあるために機能がブロックされている場合に、キャプチャの準備完了のツールチップを追加し、ユーザーに明確なメッセージを表示します
* その他の安定性の修正

Dragonframe 5.0.4

* 富士フイルム X-S10 のサポートを追加
* macOS 12+ ウェブカメラ コントロールを修正
* FUJIFILM X WEBCAM を使用している場合はユーザーに警告します
* カメラが「カードへのキャプチャ」モードで動かなくなったときの Sony キャプチャの問題を修正
* DF Tether で、Android/iOS で使用するカメラを選択できるようになりました
* Windows で mp4 をエクスポートする際のクラッシュを修正
* macOS での mp4 エクスポート品質の問題を修正
* 複数の描画レイヤーによるパフォーマンスの向上
* 画像シーケンス エクスポートの不適切な画像回転を修正
* Canon EOS R ストップ モーション ファームウェア ライブ ビューのサイズを 960x640 に戻す問題を修正
*撮影前に、モーションコントロールシステムが各フレーム/露出位置に到達していることを確認してください
* Canon ストップ モーション ファームウェアのデジタル フォーカスがプリロールの失敗を引き起こす問題を修正
* 奇妙なマウスの使用によって引き起こされるモーション コントロールのランナウェイ ジョギングを修正
* 異なる FPS でシーン設定をインポートした後、UI が確実に更新されるようにします
* DMX ワークスペースで「再生」する際の DMX リアルタイム再生を修正
* グループ ヘッダーを残りのチャンネルの下にドラッグする際の DMX の問題を修正
* 検索語でフィルタリング中に値を調整する際の DMX の問題を修正

Dragonframe 5.0.3

* Nikon Z fc のサポートを追加
* Sony Alpha ZV-E10 のサポートを追加
* アスペクト マスクとプッシュインが DF4 から DF5 に変換されない問題を修正
* 最後の数フレームで参照ムービー レイヤーがフリーズする問題を修正
* 異なるカメラで複数の露出を撮影した後、元のビューに戻します
* DMX テスト ショットは TEST SHOT イベントをトリガーします
* JavaScript ライブ ビュー サーバー クライアント コードのメモリ リークを修正
*モーションコントロール実行ライブ移動開始の問題を修正
* ゲームパッドでジョグがロックされているモーション コントロール軸を修正
* Canon EOS RP でモーション コントロールがデジタル フォーカス位置に到達できない問題を修正

Dragonframe 5.0.2

* ARC モーション コントロール ワークスペースでロックアップを修正
* macOS アンインストーラーを修正
* 並べ替え後に空でないエクスポージャーをプログラムで削除できる問題を修正
* 非常に大きなエクスポート サイズを指定すると、ムービー エクスポートがクラッシュする問題を修正
* ストップ モーション ファームウェアと非 Canon レンズを使用した Canon R/RP でのフォーカス ピーキングとフォーカス プレビュー オフセットを修正
* Canon R/RP ストップ モーション ファームウェアの初期フォーカス位置を修正
*ワークスペースの順序が元の順序に戻る問題を修正
* macOS のようこそ画面の透明なコーナーを復元

Dragonframe 5.0.1

* 誤った make-ok フレームを修正
* Sony A7R IIIA のサポートを追加
* Sony A7R IVA のサポートを追加
* 一部のサウンドが再生されない問題を修正
* 空白の幅または高さを示すムービー エクスポート ダイアログを修正
* カメラを追加した後、露出が C1/C2/C3/C4 を表示しない問題を修正
* HDMI (Blackmagic) ビデオ ソース + USB カメラ キャプチャ ソースを簡単に選択できるようになりました
* Monogram Creative Console ソフトウェアへの再接続を試みます
* 選択時に描画要素の太さを保持
* シネマトグラフィーの露出サムネイルのサイズを修正
* 小さな画面で動作するようにムービー エクスポート ダイアログを調整
* フォーカス ツールは、Canon レンズの選択に合わせて調整されます
* シーン レイヤーをメイン レイヤーの下に配置できなかった問題を修正
* シネマトグラフィーの #5 キーの問題を修正 (トグル) 画像の再センタリング
* 非 gomo モーターが次の位置に移動できない原因となる go-motion のモーション コントロール タイミングの問題を修正
* Windows デスクトップ アプリケーションのアイコンが消える問題を修正
* mp4 としての Windows 複合エクスポートでのクラッシュを修正
* C2/C3/C4 カメラをリストから削除できない問題を修正
* 多数の安定性の改善

Dragonframe 5.0.0


全般的 - - - - - - - - - - - - - - - -
* Apple M1 シリコン (ARM64) のサポート
* 複数のカメラのサポート (最大 4 つまで) - 追加の高解像度キャプチャまたはビデオ アシスト用
* 各拡大ビューまたは別のビデオ アシスト用に個別の描画レイヤーと参照
* アニメーション プロセスに統合された「メイキング」キャプチャ
* Windows および Linux での分数表示スケーリングのサポート (125%、150% など)
* コンフォーム失敗からの回復
*描画レイヤーテキスト、メモの絵文字
* さまざまなタスクでモノグラム クリエイティブ コンソール (Palette Gear) をサポート
* ロング シュート マルチプル テストとムーブ テストの推定時間の追加
* 合成動画のエクスポート オプションを追加
*逆エクスポートオプションを追加
* 複数フレームの自動トグルを追加
* アニメーション ワークスペースにキーパッド フォーカス コントロールを追加
* 以前のテイクを参照しやすくするために「過去のテイク」参照レイヤーを追加
* 描画ツールのインクリメント エディターの目盛りが、アニメーションまたは再生中に表示されるようになりました
* リファレンス ムービー プレーヤーは全画面表示にできます

カメラサポート --------------------------
* DF Tether 2.0 による WiFi 経由の Android および iOS デバイスのサポート
* Intel RealSense 深度カメラのサポート
* WiFi 経由でのキャプチャが可能になり、RED サポートが改善されました

DMX ------------------------------------
* 照明器具
*曲線でプログラムするグラフモード
* タイムライン経由でトリガー (ロジック出力とリレー) をプログラム
* フル サイズでテスト ショットを読み込む
* 完全な DMX エクスポート/インポート
* ライトをより簡単に見つけるための検索バーを追加
* 画像内の領域にバッジを視覚的に結び付ける「スレッド」を追加

運動制御 - - - - - - - - - - - - -
*「照準点」を追加(バーチャルあり)
* カメラの Autodesk FBX インポート/エクスポート (仮想を使用)
*セーフムーブブラウザ
* Canon FPM カメラとレンズの組み合わせによるプログラム可能で反復可能なフォーカス
(FPM は「フォーカス ポイント メモリ」であり、ストップ モーション ファームウェアの新しいバージョンの一部です。
この機能を使用するには、このファームウェアを搭載したカメラを購入するか、カメラをアップグレードする必要があります。)
*プログラマブルシャッタースピード
* Go モーションは、露出ごとに有効/無効にすることができます
*セットまたはプロップムーバーの軸アニメーションを記録
* 2 つのモーター出力を結合 (zDMC のみ)
* OSC経由でモーター位置を出力
*ムーブテストは逆に撮影できます(より迅速なターンアラウンド用)

オーディオ ----------------------------------
*「オーディオファイルを置き換える」オプションを追加

統合 ---------------------------
* カスタム スクリプト アクションをホットキーに割り当てて、Dragonframe から呼び出すことができます
* OSC スクリプトは、1 つのアクションに対して複数の呼び出しを持つことができるようになりました

DF4 のバージョン履歴

Dragonframe 4.3.7

* macOS Catalina オーディオのハングを修正する可能性
* ファームウェアファイルを選択できなくなるフランス語翻訳の問題を修正
* Sonoma 14.2.0 の警告を追加

Dragonframe 4.3.6

* バックアップ take.xml の保存方法を追加
* ショートプレイを修正し、ダイアログを開くためにキーを繰り返していたカットバックダイアログを修正
* JPG が埋め込まれた Apple iOS DNG ファイルでのクラッシュを修正
* ヒストグラムジェネレーターによる潜在的なクラッシュを修正
* 円弧: 「移動移動」にタイム ワープ軸を含めないでください。
* macOS セキュリティが Web カメラ (UVC カメラ) をブロックする場合にユーザーにエラー メッセージを表示する
* Dragonframe が目的のフォーマットを設定できない場合に、Web カメラで macOS がクラッシュする可能性がある問題を修正
* タイムライン上に存在しないフレームを非表示/再表示することによって生じる混乱を修正しました
* エクスポートされたムービーに作成日を設定します
* 右下のARCボタンにツールチップを追加しました

Dragonframe 4.3.5

* インクリメントエディターでポイントを削除する際の潜在的なクラッシュを修正
* 誤ったフレームを参照する Arc キーフレーム テーブルのコンテキスト メニューを修正
※ゲームパッドメニューを終了するときやモードを切り替えるときは、必ず「ジョグオール」を停止してください
* 無効な「前回の実行でプログラムがクラッシュしました」レポートを回避するためにアプリケーションのシャットダウン プロセスを改善しました。

Dragonframe 4.3.4

* Fuji X-T3 のフォーカス倍率を修正
* 露出を削除する際の DMX プログラム階層を修正
* アプリケーション終了時の Windows での潜在的なクラッシュを修正

Dragonframe 4.3.3

* カメラが切断されたときに macOS 13 でクラッシュする可能性があった問題を修正
* カメラが切断されたときに Windows で発生する可能性があったクラッシュを修正
* Sony ドライバーによって引き起こされる潜在的なクラッシュを修正
* 一部の管理者がブロックしているため、Windows で「cmd」を使用しないでください
* DMC レポートが誤ったソフト制限を修正
* EDL でタグの色をマスクします (DF5.2 で編集されたファイルが適切に開くように)
* macOS でキーストロークを監視するフォルダーを修正

Dragonframe 4.3.2

* カメラ/PTP 通信で発生する可能性のあるクラッシュを修正
* macOS Catalina のオーディオ フリーズを修正
* Fujifilm ライブ ビューの倍率を修正

Dragonframe 4.3.1

* サブスクリプション ライセンスのサポートを追加

Dragonframe 4.3.0

* 新しい macOS バージョンでの Panasonic 統合を修正
* 2 つの位置が同じ x または y 位置にある場合の Nikon ライブビュー倍率の切り替えを修正
* アプリケーションの終了中にカメラが切断されるとクラッシュする問題を修正

Dragonframe 4.2.9

* ジョギング軸に関するマウスの問題を修正
* Windows mp4 エクスポートのクラッシュを修正
* DFMoco で単軸のブレを修正
* Canon EOS R5/R6 被写界深度プレビューとフォーカス矩形を修正
* DirectShow キャプチャのクラッシュを修正
* Ready to Capture - Sync のツールチップを追加
* リタイミング シーケンス後の再生ヘッド ジャンプを修正
* 露出を削除するときに DMX プログラムが孤立しないようにする
*ブーム/スイング警告をトリガーするデカルト仮想を修正

Dragonframe 4.2.8

* macOS Monterey ウェブカメラ コントロールを修正
* ソニーが画像をコンピュータにダウンロードするように設定する
* 再生中に DMX 即時モードを使用する
* バーチャル使用時の ARC の最大ライブ速度を修正
* moco スクロール ホイールのマウス操作の問題を修正
* Blackmagic Webcam オプションを除外しないでください
* 動画書き出しの幅・高さの上限を設定
* ライブ ビュー サーバーのクライアント JavaScript のメモリ リークを修正

Dragonframe 4.2.7

* iPhone + macOS Catalina との接続の問題を修正
* 非表示フレーム後の X シートのドラッグ ホールドを修正
* シネマトグラフィーのサムネイル領域がすべての露出で拡大しない問題を修正
* DMX データをインポートする際のクラッシュを修正
* Blackmagic Design 出力でのクラッシュを修正
* 軸パラメータに基づいて移動テストのライブ速度を制限する
* ゴーモーションのタイミングの問題を修正
*一時的に消えた場合はスクリプトファイルを確認します(ネットワークドライブ)

Dragonframe 4.2.6

* Sony Alpha A1 のサポートを追加
* パナソニック DC-S5 のサポートを追加
* Canon カメラの背面にライブビューが残る問題を修正
* スリープ/ウェイク時の Windows クラッシュを修正
* Ximea MU181CR-ON DNG キャプチャを修正
*モーションコントロールがインデックス位置に移動しない問題を修正
* Xシートでメモをドラッグする問題を修正

Dragonframe 4.2.5

* Nikon Z6 II および Z7 II のサポートを追加
* ソニー FX3 のサポートを追加
* Canon EOS R5/R6 でのライブ ビューのずれを解決
* インポート シーンの「図面」に X シート図面が含まれるようになりました
* 実際には許可されていない仮想軸の「ゼロ設定」を防止
*ピンポン再生を修正
* Arc ゲームパッドの割り当てが保存されない問題を修正
* シネマトグラフィーワークスペースでフレームをステップスルーする際のグリッチを修正
* フレームを非表示にできない EDL の問題を修正
* コンピューターがスリープ状態のときに Windows Web カメラがクラッシュする問題を修正
* いくつかの Windows シリアル ポートのロックアップを修正
* 多数の安定性の修正

Dragonframe 4.2.4

* 4.2.3 で導入されたタイムラインのバグを修正

Dragonframe 4.2.3

* Canon EOS M50 Mark II のサポートを追加
* Sony A7S III のサポートを追加
* Sony A7C のサポートを追加
*更新されたphoto-jpegエクスポート設定により、macOS 10.15+で再生されるムービーが作成されます
* ライブ ビュー サーバーの方向は、シネマトグラフィ ワークスペースに従います
*目盛り付きの描画線のコピー/貼り付けを修正
* Dragonframe から切り替えて元に戻すときのアプリケーション フォーカスの問題を修正
* ガベージ マットが黒い境界アーティファクトを作成する問題を修正
* シーンを閉じるときに、プログラムがコンフォームまたはゼロ リグを要求しない問題を修正
* ARCワークスペースで特定のアクションを元に戻す際のクラッシュを修正
* 縦向きにするとデジタル濃度計が機能しない問題を修正
* 1 つの参照ビデオ プレーヤーを閉じるとすべてのプレーヤーが閉じられるバグを修正
* 最後のフレームが非表示になったときの視覚的なタイムラインの破損を修正
* DMC でアップロードされた移動に表示される削除された軸を修正

Dragonframe 4.2.2

* Canon EOS R5のサポートを追加
* Canon EOS R6のサポートを追加
* Canon EOS-1DX Mark III のサポートを追加
* Canon EOS Rebel T8i / 850D / Kiss X10i のサポートを追加
* Nikon Z5 のサポートを追加
* Nikon D780 のサポートを追加
* Sony A9 Mark II のサポートを追加
* Fuji X-Pro3 のサポートを追加
* Ubuntu 18.04 でのアクティベーションに関する問題を修正
* Arc: グラフを上下に移動するときのキーフレーム位置の丸めに関する問題を修正
* Windows アプリケーション メニューの点滅を修正
* READY TO CAPTURE に切り替えない限り、アニメーションは DMX を変更しません
* タイムラプス中に参照ムービー (別ウィンドウ) が同期されない問題を修正
* 安定性の向上

Dragonframe 4.2.1

* Fuji X-T4 のサポートを追加
* ニコン D780 のサポートを追加
* オリンパス E-M1 Mark III のサポートを追加
* 参照レイヤーを追加した直後に削除するとクラッシュする問題を修正
* macOS ウェブカメラの設定が表示されない問題を修正
* 「Stills」キャプチャ ソースの問題を修正
* macOS での起動時のクラッシュを修正
* Fuji X-T3 ライブ ビューが復元されない問題を修正
* Fedora でのゲームパッドのサポートを修正
* Pentax K-1 Mark II シャッター速度設定を修正

Dragonframe 4.2.0

* 最大許容ビデオ アシスト サイズを 1920 幅に増やしました。 (ビデオ アシストの解像度は通常、カメラによって制限されます。)
* Canon EOS ストップ モーション ファームウェア機能のサポート
* ポストプロダクションに渡すためのメタデータ テキスト ファイルに保存された新しいテイク/露出/フレーム ノート
* 参照画像を別のウィンドウにポップアウトできるようになりました
* 複数の配信用のフレーミング用の新しい代替コンポジション ガイド レイヤー
* シネマトグラフィ ワークスペースの新しいムービー録画ツールにより、カメラがビデオ録画に設定されている場合に使用される設定がより明確になります
* 動きに微妙な調整を適用するための新しいモーション コントロール調整レイヤー
* 新しいモーション コントロール「タイム ワープ」機能により、最終的な動きを時間の経過とともに引き延ばしたり圧縮したりできます
* 新しい DMX キーフレーム テーブル ビュー
* 多くの Arc および DMX フィールドでの単純な算術演算のサポート
* 4K ウェブカメラと Elgato Cam Link 4K のサポート

Dragonframe 4.1.10

* macOS Catalina 10.15.2 のセキュリティ問題を修正
* 動画ファイルの向きを修正

Dragonframe 4.1.9

* Canon EOS 90D のサポートを追加
* 多数の macOS Catalina の問題を修正
* 透明 PNG を参照レイヤーとして修正
* 3 つ以上のレイヤーを持つフェイス セットのオーディオ オーバーレイ (アニメーション ワークスペース内) を修正
* Sony A9 ISO リストを修正

Dragonframe 4.1.8

* macOS Catalina の修正とセキュリティ要件
* 特定の構成で Windows オーディオ システムがクラッシュする問題を修正
* Dragonframe テザー接続の改善
* Sony A6400 の検出を修正
* ソニーのライブ ビュー フォーカス倍率の向上 (サポートされているモデルで)
* モーション コントロール : バックラッシュ ロールバックに低速ジョグ速度を使用
*モーションコントロール:「ムーブシュートムーブ」モード時の固定タイムラプス

Dragonframe 4.1.7

* 富士フイルム GFX 50R のサポートを追加
* Panasonic DC-S1 および DC-S1R のサポートを追加
* Canon EOS SL3 / 250D / 200D II のサポートを追加
*手動絞りレンズでのソニーのキャプチャの問題を修正
* Windows での Fujifilm 統合の改善
* インポート イメージ シーケンスのイメージが不適切な露出で着地する問題を修正
*その他の小さな修正

Dragonframe 4.1.6

* Canon EOS RP フルサイズ ミラーレス カメラのサポートを追加
* オリンパス OM-D E-M1X ミラーレス カメラのサポートを追加
* 富士フイルム X-T2 による信頼性の向上
* Radeon Vega 8 で欠落している描画レイヤーを解決
*アナモフィック高解像度プロキシとフォーカスチェックを修正
* DMC+ または DMC-16 でのデジタル フォーカス (iPhone) の移動を修正
* Windows でのライブ ビュー サーバーの IP 検出を修正

Dragonframe 4.1.5

* キヤノン EOS R のダウンロード速度の向上
* 6000 フレーム後にロードされたオーディオのステッピングを修正
* 複数の Windows ウェブカメラの問題を修正
* Windows mp4 エクスポートのオーディオ同期を修正

Dragonframe 4.1.4

* Nikon Z6 フルサイズ ミラーレス カメラのサポートを追加
* Nikon D3500 DSLR のサポートを追加
* Microsoft LifeCam VX-7000 の初期設定に関する問題を解決しました
* Canon EOS Rebel カメラで画像のダウンロードが遅い問題を解決
* Dragonframe の再アクティブ化を監視するフォルダーの問題を解決
* Flair 統合の信頼性の向上
* Canon EOS + DMC-16 go-motion セットアップの問題を解決
* アーク軸のバッジの色を変更する際にクラッシュする可能性があった問題を修正
* 環境設定を閉じる際の潜在的なクラッシュを修正
* ユーザー ガイドを更新し、インデックス作成、フォーカス スタッキング、およびバックラッシュに関するセクションを追加
* macOS Mojave ダーク モードの色選択の改善

Dragonframe 4.1.3

* Canon EOS R フルサイズ ミラーレス カメラのサポートを追加
* Nikon Z7 フルサイズ ミラーレス カメラのサポートを追加
* Fujifilm X-T3 のサポートを追加
* 文字トラックの読み取りに対する Intuos ペンのサポートの改善
*モーションコントロールのリアルタイム再生カウントダウンタイマーを復元
* バーチャルでゲームパッドの設定を修正
* 多数の安定性の改善

Dragonframe 4.1.2

* DMX プログラムのコンテキスト メニューを修正
* 空のオーディオ ファイルを読み込む際のクラッシュを修正
* X-Sheet ダーク テーマ ボタンを修正
* 3D マウスの初期化で Windows がクラッシュする可能性を修正

Dragonframe 4.1.1

* ダークモードを含む macOS Mojave のサポート
* アスペクト比がアクティブでない場合のプッシュイン マッシュのエクスポートを修正
* オニオンスキン + ハイレゾモードを修正
* 13 インチのラップトップ画面に合わせてダイアログのサイズを変更
* シネマトグラフィ リンクの露出メニューを修正
* mp4 ビデオのエクスポートでクラッシュする問題を修正

Dragonframe 4.1.0

Mac バージョンには macOS 10.10 以降が必要です
* シーンのメモを記録するための新しい「メモ帳」。
*ライブビュー倍率の最大8つの「パンチイン」位置。
* Sony A7III および A7RIII のフォーカス チェックのサポート。
* ARRI ダイレクト ARRIRAW キャプチャのサポート。
* RED DSMC2 ダイレクト R3D キャプチャのサポート。
* ペンタックス KP、K-1、K-1 Mark II、645Z に対応。
* Canon EOS M50、T7/1500D/2000D、3000D/4000D に対応。
* サードパーティ製 DMX ハードウェアのサポート: ENTTEC DMX Pro および Art-Net プロトコル。
*モーションコントロールをプログラミングするための新しいゲームパッドコントローラーの統合。
* モーション コントロール用の新しい 3D マウス サポート。
*モーションコントロール用の仮想化された軸構成。
* 逆方向のモーション コントロール キャプチャ。

Dragonframe 4.0.6

* ライブ ビュー JPEG をデコードできない場合の OpenGL エラーを修正 (安定性が向上)
* Canon EOS 1500D / 2000D / Rebel T7 のサポートを追加
* Canon EOS 3000D / 4000D のサポートを追加
* 描画オブジェクトのドラッグ中に「元に戻す」を実行するとクラッシュする問題を修正
* DMCトリガーが発火しない問題を修正
* DMC v 2.2+ ファームウェアのサポートを追加

Dragonframe 4.0.5

* 新しいカメラのサポート: Sony Alpha A7 III
* 新しいカメラのサポート: Panasonic LUMIX DC-GH5S
* 新しいカメラのサポート: Panasonic LUMIX DC-G9
* 新しいカメラのサポート: Fujifilm X-H1
* シネマトグラフィーの「静止画像のエクスポート」機能を修正
* Windows: Arc ワークスペースで UI が更新されない問題を修正
* DNG コンバーターの失速を修正
* シーンの開始フレームを変更した後、参照ビデオのオーディオが同期を失う問題を修正

Dragonframe 4.0.4

* macOS High Sierra (10.13) + NVidia のクラッシュ/フリーズを修正
* Nikon RAW サイズ オプションを追加 (対応カメラ用)
* 富士フイルム X-Pro2 のサポートを追加
* 負のステップ/ユニットを持つ DMC ハードウェア リミット スイッチを修正

Dragonframe 4.0.3

* 新しいカメラのサポート: Panasonic GH5
* 新しいカメラのサポート: Sony A7R III
* 新しいカメラのサポート: Nikon D850
*ポートレートモードのレイヤーサイズの問題を修正
* ARC、DMX ワークスペースへの TEST SHOT ショートカットを追加
* オーディオ音声/ダイアログ編集の問題を修正
* バックラッシュ補正処理の修正
* ライブ ビュー サーバーにオリエンテーションが含まれるようになりました
* DMXのパワーダウンがライトをゼロまで送信しない問題を修正
* Intensity Shuttle USB 3.0によるBlackmagic接続の改善
* 多数の安定性の改善

Dragonframe 4.0.2

* 新しいカメラのサポート: Canon EOS 6D Mark II
* 新しいカメラのサポート: Canon EOS 200D / Digital Rebel SL2
* 新しいカメラのサポート: Fujifilm GFX 50S (中判)
* 新しいカメラのサポート: Sony A9
* 新しいカメラのサポート: Nikon D7500
* 新しいカメラのサポート: Ximea xiC、xiQ、xiD、xiMU (小)
* Linux ウェブカメラのサポートが改善されました。 Mac/Windows と同等。
* Sony A7 のキャプチャの問題を解決しました。
* 多数の安定性の問題を修正しました。
* Mac での mp4 エクスポート フレーム レートの問題を修正しました。
* 多数のトラック読み取りの問題を修正しました。
* Sony カメラでのメモリ リークが解決されました。
* 露出を無効にしたイメージ シーケンスのインポートを修正しました。
* 「静止画」キャプチャ モードでのループの問題を修正しました。
* 「Dragonframe Tether」iOS アプリとの通信を改善しました。
* DMC-16/DMC+ のより堅牢な通信プロトコル。
* アニメーション ワークスペースがライブ ビュー拡大を使用している場合のシネマトグラフィ表示の問題を修正しました。
* ヒストグラムで青/緑が入れ替わる問題を修正。

Dragonframe 4.0.1

* Canon EOS 77D および 800D/T7i のサポートが追加されました。
* Sony A99 II のサポートが追加されました。
* Intel HD グラフィックス カードを搭載した Windows で新しいシーンを開く/作成した後のクラッシュを修正しました。
* Intel HD 6xxx グラフィック カードを搭載した Mac でのクラッシュ/フリーズを修正しました。
* 何回かキャプチャした後、ニコンのキャプチャが失敗する問題を修正しました。
* Windows での DV キャプチャを修正しました。
* 仮想軸使用時のゴーモーションを修正。
* その他の安定性とパフォーマンスの改善。

Dragonframe 4.0.0

* 初回リリース。

Dragonframe 3 ソフトウェア (ライセンスは「D3」で始まります)

DF3のバージョン履歴

Dragonframe 3.7.4

* アップグレードのアクティベーション画面から DSM2 ライセンスを削除

Dragonframe 3.7.3

* macOS Mojave での mp4 エクスポートの問題を修正
* シーンの切り替え時にクラッシュする可能性がある問題を修正

Dragonframe 3.7.2

* Windows インストーラーがすべてのユーザー向けになるように修正
* ニコン D100 のキャプチャを修正
* 特定の種類の画像をロードする際に発生する可能性があったクラッシュを修正

Dragonframe 3.7.1

* ライブ ビュー JPEG をデコードできない場合の OpenGL エラーを修正 (安定性が向上)
* インストーラーは、不要になった macOS システムで FTDI ドライバーを削除します。

Dragonframe 3.7.0

* 多数の OpenGL の改善。
* macOS 10.13 (High Sierra) のサポートが改善されました。
* Blackmagic Design 接続の改善。
* ヒストグラムの青/緑チャンネルを修正しました。

Dragonframe 3.6.9

* Mac: 起動時にビーチボールが回転する問題を修正。
* Windows: ビデオ アシストでクレイジーなブルー アーティファクトを引き起こす Intel HD 第 7 世代ドライバーの問題を修正。
* Windows: ウェブカメラでの MJPG フォーマットを修正。
* Windows: デュアルカード NVidia および ATI マシンでディスクリート グラフィックスを要求します。
* その他の安定性の改善。

Dragonframe 3.6.8

* macOS Sierra のサポートが追加されました。
* Windows でのオーディオ パフォーマンスが向上しました。
* 複数のテスト ショットがキューに入る問題を修正しました。
* AVI 非圧縮エクスポートのピクセル幅が均一である必要があります。
* 安定性の向上。

Dragonframe 3.6.7

* Canon EOS 1D III および 1DX 画像フォーマット リストを修正。
* DMX: 手動でレベルを設定する機能を修正。
* トライアル: トライアル中の Blackmagic キャプチャを修正しました。
* DMX: チャンネル 99 までのスクロールを修正しました。
* Arc: Move テストのエクスポート クロッピングを修正しました。
* El Capitan のホットキー割り当ての問題を修正。
* El Capitan のウィンドウ モーダル ダイアログの問題を修正しました。

Dragonframe 3.6.5

* Canon EOS Rebel T5 (1200D) のライブ ビュー サイズを修正しました。
* Windows: キーパッド ウィンドウが他のウィンドウの上に表示されます。
* ラインアップ レイヤーのスケーリングが中心からずれている問題を修正しました。
* ラインアップ レイヤーはアルファ レベルを尊重します。
* 前回のバージョンで壊れていたライブ ビューのスタッキングを修正しました。
* 短い再生速度の変更を修正しました。
* 奇妙な寸法での ProRes エクスポートの失敗を修正しました。
* コンフォームオール後にオーディオトラックが失われる問題を修正。
* 開始フレームをゼロに設定できるようにしました。

Dragonframe 3.6.4

* Canon EOS 5DS のサポートを追加しました。
* Canon EOS 5DS R のサポートが追加されました。
* OSX: Intel HD グラフィックスで安定性を向上。
* エクスポート: ムービー フレームにスムーズなスケーリングを使用します。
* Windows: シャットダウン/ログオフ処理を改善。

Dragonframe 3.6.3

* Canon EOS 750D (Digital Rebel T6i) のサポートを追加。
* Canon EOS 760D (Digital Rebel T6s) のサポートを追加。
* Nikon D5500 のサポートが追加されました。
* キャプチャ: OS X Yosemite + Canon で時々発生するキャプチャの失敗を修正。
* キャプチャ: 部分的なサムネイルの作成を修正しました。
* Capture: move dmx/moco をキャンセルした後のシュートの失敗を修正しました。
* エクスポート: mp4 エクスポート (OSX) の途中で音声が途切れる問題を修正しました。
* エクスポート: 特定の出力サイズでの ProRes エクスポートのクラッシュを修正しました。
* Retina ディスプレイ (OSX) で欠落しているインクリメント エディター ボタンを修正しました。
* Arc: 異なるロケールでの数値入力を修正しました (US スタイルを使用)。
* シネマトグラフィー: ライブ ビュー フォーカス四角形のアーティファクトを修正しました。
* シネマトグラフィー: UHD (3840) 3D キャリパーのサイジング項目を追加。
* シネマトグラフィー: 3D キャリパーが画面からはみ出す問題を修正。
* オーディオ: タイムラインは再生ヘッドを中心にスケールします。
* オーディオ: テイクの切り替え時のクラッシュを修正しました。
* X シート: X シートの列幅を保存/復元します。

Dragonframe 3.6.2

* ユーザーが既存のシーンを上書きできる複製シーンを修正しました。
* RAW のみのフォーマットを撮影する際に破損した JPEG 高解像度プロキシを修正しました。
* 適合ダイアログ警告によるフリーズを修正。
* mjp2/jpeg2000 ムービー ファイルでのクラッシュを修正しました。
* ニコンのライブ ビューがキャプチャ後にオンに戻らない問題を修正。
* Arc: ベジェ ハンドルをリセットするキーフレーム値の変更を修正しました。
* Mac: OS X 10.10 で終了時のランダム フリーズを修正。
* Mac: Microsoft LifeCam Studio の設定を修正。
* WinXP: スチルカメラの検出と接続を改善。
* Windows: ウェブカメラの出力サイズを変更する際のフリーズを修正。
* Windows: Logitech C910/C920 フォーカス コントロールを修正。
* Windows: ウェブカメラ接続を改善 (HP、IPEVO)
* Windows: VSFilter/DirectVodSub によるクラッシュについてユーザーに警告します。

Dragonframe 3.6.1

* Windows でのカメラ接続の改善
* Canon DSLR での被写界深度プレビューの修正
* Canon EOS 1000D ライブ ビューの倍率を修正
* Windows での RAW 変換を修正
* DNG エクスポートを修正

Dragonframe 3.6.0

* 多くの安定性の改善。
* Canon EOS 7D Mark II のサポートを追加
* Canon EOS 1200D (Digital Rebel T5) のサポートを追加
* ニコン D3200 のサポートを追加
* ニコン D3300 のサポートを追加
* ニコン D750 のサポートを追加
* Blackmagic Production Camera 4K を追加 (4K 解像度)
* 画像シーケンスのインポートを追加

Dragonframe 3.5.9

* ニコン D810 およびニコン D4S のサポートが追加されました。
* 安定性の向上。
* デフォルトの顔セットの読み込みを修正しました。
* 不正なオーディオ ファイルによるクラッシュを修正しました。
* いくつかの印刷の問題を修正しました。
* 「Show/Hide Cinematography」メニュー項目を「Toggle Animation/Cinematography」に変更。
* Arc: オーディオの再生は、イン マーカーとアウト マーカーを尊重します。

Dragonframe 3.5.8

* 安定性の向上。
* キャプチャ: Blackmagic Cinema Camera からの 10 ビット DPX キャプチャを追加。
* キャプチャ: ライブビューの倍率で複数回撮影する問題を修正しました。
* エクスポート: 10 進数 fps でのムービー エクスポートのタイミングを修正しました。
* エクスポート: ポートレート モードのムービー エクスポートを修正しました。
* シネマトグラフィー: ドラッグ時のテスト ショットのサムネイルの回転を修正しました。
* 一般: ディスク容量不足を報告します。
* 準拠: 準拠する前に、ディスク容量を確認し、ユーザーに報告します。
* X-Sheet: 「フレーム終了」ダイアログがオフスクリーンになる問題を修正。
* 円弧: ジョグパッド モードで 8 つ以上の軸を制御します。
* Arc: ジョグパッド モードでのクラッシュを修正しました。

Dragonframe 3.5.7

* サウンドがデフォルトのオーディオ出力デバイス (Mac) に送られなかった問題を修正しました。
* wacom タブレットを接続した場合のクラッシュを修正 (Mac)。
* ファイル ダイアログ (Win) で Dragonframe プロジェクトをダブルクリックするとクラッシュする問題を修正しました。

Dragonframe 3.5.6


* ビデオ設定のクラッシュを修正 (3.5.5)。
* オーディオの読み込み (Mac では 3.5.5 で壊れていた) とプログラム サウンドを修正しました。

Dragonframe 3.5.5


* Nikon D5300 および Nikon Df のサポートを追加しました。
* 一部のモデル (D5200、D610) のニコン フォーカス エリア選択を修正
* フォーカス チェック中に Nikon D800 がフリーズする問題を修正。
* Mac : モニターの追加または削除によるクラッシュを修正。
* mp4 エクスポートでの Windows 8 のメモリ リーク (およびその後のクラッシュ) を修正しました。
* Windows : タスク バーからようこそ画面を閉じても、Dragonframe がバックグラウンド プロセスとして実行されたままになりません。
* 新しく作成された露出での高解像度プロキシ再生を修正しました。
* オーディオ ワークスペースでの Snow Leopard ファイル ダイアログのフリーズを修正しました。
* ニコンのカメラが、キャプチャ中にフォーカスの失敗を報告します。
* Arc : モーション コントロール ジョグのすべてのクローリングを修正 (DMC-16)
* バッジからキーフレームを設定する際の DMX クラッシュを修正しました。

Dragonframe 3.5.4

* 一般 : Nikon D610 のサポートが追加されました。
* 一般 : プログラム起動時の更新チェック レポートを修正しました。
* 一般 : 実際のプリンターが接続されていない場合、PDF に印刷します。
* 一般 : Windows のアクション スクリプトを修正しました。
* 一般 : アクション スクリプトに SAVE、EDIT アクションを追加しました。
* 一般 : x-sheet エクスポートに file# を追加。
* Ani : アスペクト比マスクのカスタム設定へのリセットを修正しました。
* Ani : アニメーション ワークスペースが閉じられる問題を修正。
* Ani : 修正済み Conform All 準拠の初期テイク。
* Ani : すでにキャプチャしている間のキャプチャ試行の処理を改善しました。
* Ani : 複数のフレームを撃つと元に戻す問題を修正しました。
* Ani : 再生アウト フレームを修正しました。
* アニ : ホールド後にタイムラインがジャンプする問題を修正。
* オーディオ : サウンドの再生中にプログラムがクラッシュする問題を修正しました。
* オーディオ : デフォルトのオーディオ デバイスが変更されたときの処理を修正しました。
* オーディオ: dmx、タイムライン、X シートでのオーディオ変更の再描画を修正しました。
* オーディオ : インポートされたオーディオのポップ音を修正しました。
* エクスポート: Windows mp4 エクスポートのメモリ リークとその後のクラッシュを修正しました。
* エクスポート : ムービー エクスポートのオーディオ出力ポイントを修正しました。
* エクスポート : 書き込みエラー後のムービー エクスポート中のクラッシュを修正しました。
* Cine : テスト ショットをクリックした後のライブ ビューの向きを修正しました。
* Cine : テイクの切り替え時のアスペクト マスクの不透明度スライダーを修正しました。
* Arc : DMC ファームウェアの更新タイミングを修正し、適切に完了するのを待ちます。
* Arc : シーン設定をインポートした後、moco デバイスを構成します。
* 円弧 : 最初のキーフレームの前と最後のキーフレームの後の円弧選択軸を修正しました。
* Arc : ターゲットの選択と削除を修正。
* Arc : 負のスケーリングされた移動を修正しました。
* Arc : ジョギングとインチングの IOTA コントローラー制限を実装します。
* Dmx : 負のキーフレームを修正。

Dragonframe 3.5.3

* インテル GMA のパフォーマンスの問題を修正。
* MacPro での Canon フォーカス ロックアップを修正しました。
* 一度にアプリケーションのインスタンスを 1 つだけ許可します。
* アニメーション : ポートレート モードでのライブ ビューの倍率の問題を修正しました。
* アニメーション : 描画レイヤーでのクラッシュを修正。
* アニメーション : 「2 のフレーム番号」によるタイムラインのジャンプを修正しました。
* アニメーション : テイクの切り替え時に描画レイヤーが正しく読み込まれない問題を修正。
* シネマトグラフィー : 画像情報の焦点距離表示を修正しました。
* シネマトグラフィー: 画像情報に色温度が表示されない問題を修正しました。
* シネマトグラフィー: ステレオ キャリパーの幅とプッシュインの選択を保存/復元します。
* シネマトグラフィー: シネマトグラフィー ワークスペースがすべて灰色になる問題を修正しました。
* シネマトグラフィー: シネマトグラフィーのテスト ショットのサムネイルがランダムにスクロールする問題を修正しました。
* シネマトグラフィー: IO 画像情報がオフスクリーンになる問題を修正しました。
* シネマトグラフィー : テスト ショットがロードされた後、スクロールします。
* シネマトグラフィー: 最初に項目を選択するテスト ショットの右クリックを修正しました。
* Arc : モーション コントロールが切断された後の遅いテスト ショットを修正しました。
* Arc : 最後の再生フレームへのジャンプを修正しました。
* Arc : ジョギングの起動を修正し、パフォーマンスを向上させました。
* Arc : キーフレームを削除した後、3D IO 計算をクリアします。
* Arc : ジョギングの問題を修正しました。
* Arc : ジョギングのポジションに入るときにロールバックを必要としません。
* DMX : 露出を再配置した後、DMX ツリー ビューから DMX プログラムが消える問題を修正しました。
* DMX : コンピューターがスリープから復帰した後、DMX ライトが再び点灯する問題を修正しました。
* Windows mp4 エクスポート関連のクラッシュの潜在的な修正。
* テスト中にカメラが切断されると、カメラ テストがクラッシュする問題を修正しました。
* OpenGL の初期化に関するいくつかの問題を修正しました。
* 開始フレームと終了フレームの更新に関する問題を修正しました。

Dragonframe 3.5.2

* Canon EOS 70D のサポートが追加されました。
* 別のセクションへのタイムライン ジャンプを修正しました。
* シネマトグラフィ ワークスペースへの切り替え時にプログラムがクラッシュ/フリーズするバグを修正しました。
* 再生レートによって調整されたアーク リアルタイム再生警告。
* アーク最大ライブ ジョグ速度計算を修正しました。
* ジョグを開始または終了した後、アーク ジョグのすべてのスライダーが中央に戻らない問題を修正しました。
* スクロール ホイールによるカメラ設定の更新を無効にしました。
* ラインアップ レイヤーと再生パフォーマンスが改善されました。
* アニメーション ワークスペースに入ったときにアニメーション パレットと NavLine が表示されない問題を修正しました。
* キャプチャのブラックアウトを修正。ビデオアシストの前に起こっていました。
* 垂直および水平ハッチの描画がクロスハッチに変わる問題を修正しました。
* コンポジション ガイドが画面外に表示される問題を修正しました。
* Manage Takes ダイアログが Delete ボタンを正しく更新しない問題を修正。
* アーク ムーブ テストのエクスポート ムービーの品質が低い問題を修正しました。
* 複数のフレームを撮影するとクラッシュする可能性が修正されました。
* マルチフレーム オニオンスキン アップデートの問題を修正。
* アーク キーフレームの選択インジケーターが 1 ピクセルずれることがある問題を修正しました。
* 非表示のフレームでの「ステップ バイ ホールド」を修正しました。
※「ステップバイホールド」はキャプチャメニューの別オプションです。
* タイムラインをステップ実行すると、必要に応じてタイムラインがスクロールされます。
* ビデオ ソースのない補助モニターでのクラッシュを修正しました。
* 移動のスケーリングまたはインポート後に、アーク「移動のアップロード」が DMC-16 に修正されました。
* アーク ジョグのすべてのボタンが機能しない問題を修正しました。
* ライブ キーを押したときにアーク ライブ ビューがオンになる問題を修正しました。
* スペースがファイル パスにある場合に画像メタデータが表示されない問題を修正しました (Windows)。

Dragonframe 3.5.1

* 非表示のフレームの後に仮想ホールドとしてマルチプルを撮影する際のタイムラインの破損を修正しました。
*複数のポップアップを撮影すると、仮想ホールドとして撮影するためのチェックボックスが追加されました。
* Export Still Image でのクラッシュを修正しました。
* Canon EOS 1100D ライブ ビューのサイズを修正しました。
* Nikon D5100 ライブ ビューの自動シャットオフを修正しました。
* DMX および Arc ワークスペースのポートレート モード ビューを修正しました。
* シネマトグラフィ ワークスペースのライブ ビュー ステータスを修正しました。
* Windows : HDV アーティファクトを修正しました。
* 露出を削除または並べ替えて DMX プログラムを失う問題を修正。
* ビデオ圧縮品質設定がシーン間で保存されるようになりました。
* Retina ディスプレイの補助モニターを修正しました。
* ムービーのエクスポートでは、ファイル サイズとおおよそのビットレートが表示されます。
* Windows : .mp4 (h.264) エクスポートで空のファイルが作成される問題を修正。
* Windows : 色付きのフォルダが表示されない問題を修正。
* フレーム 1024 以降のタイムラインの問題を修正しました。
* フローティング ライセンスのサポートを修正しました。
* ジョグパッドのキーボード フォーカスの問題を修正しました。
* Mac : フォルダー ウォッチングのファイル ダイアログ フリーズを修正 (OS X 10.6.8 のみ)
* Mac : Dock からアプリケーションを終了するときのクラッシュの誤った報告を修正しました。
* QuickTime リファレンス ムービーでのクラッシュを修正しました。
* トラックの終わりを過ぎてオーディオをトリミングする際のクラッシュを修正しました。
* シネマトグラフィーのポップアップ ボックスでカメラ設定を変更するとクラッシュする問題を修正しました。
* ProRes の色の不一致を修正しました。
* コンフォーム プログレス バーの精度が向上しました。
* オーディオ リップシンク: ダイアログ/音声学を別のトラック/シーンにコピー/貼り付けする問題を修正しました。
* オーディオ リップシンク : ダイアログ/フォネティクスが挿入または上書きを行う問題を修正しました。
* オーディオ リップシンク : テキストの削除を修正し、クリックする必要がありました。
* オーディオ リップシンク : ダイアログ/フォネティクスの編集速度が向上しました。
* アニメーション : オニオンスキン スライダーが中央より左に固定されました。
* DMX : Retina ディスプレイに表示されないプログラム名を修正しました。
* カメラ : 成功するはずのニコンのカメラ テストが失敗する問題を修正しました。
* Mac : numlock がオンになっていないときにテンキーで「0」を押すとクラッシュする問題を修正しました。
* プログラムがモーダル ダイアログにあるときに Finder からシーンを開くとクラッシュする問題を修正しました。

Dragonframe 3.5.0


このバージョンの新機能

Dragonframe 3.5 は、C++ でソフトウェアを完全に書き直したものです。
これまでサポートしてきた Java のバージョン。全体的にそれは提供します
リソース (RAM/CPU) の使用率が向上し、パフォーマンスが向上しました。

重要な変更

* OS X 10.4 (Tiger) および 10.5 (Leopard) のサポートを終了しました。
* Canon PowerShot および Olympus カメラのサポートを終了しました。

新機能と改善点
* プロジェクト フレームの読み込みを高速化しても、RAM に読み込まれなくなりました。
*再生を制限するメモリバーはありません。フレームのシーケンス全体を再生できます。
* CPU 使用率を抑えながら、ライブ ビュー レートを高速化 (Canon で最大 30 FPS)。
* Nikon と Canon の接続性が向上しました。
* フレーム非表示の大幅な修正。
* より多くのオーディオ ファイル形式 (wav、aac、aif、mp3) を処理します。
* Mac の Retina (HI-DPI) アセット。
* Mac Lion と Mountain Lion のフルスクリーン サポート。
* ラインアップ レイヤーのパフォーマンスが向上しました (フレームがロードされるのを待つ必要がありません)。
* mp4 (H.264/ AAC) および Windows ムービー タイプ (.avi) をサポートする簡素化されたムービー エクスポート オプション。
* Windows では QuickTime は必要ありません。
* Arc プログラマビリティを備えた Web カメラ フォーカス コントロール (一部の Logitech モデル)。
* Blackmagic キャプチャ デバイスの直接統合。
* 新しいカメラ モデルのサポート:
   Canon EOS 100D / EOS Digital Rebel SL1 / EOS Kiss X7
   Canon EOS 700D / EOS Digital Rebel T5i / EOS Kiss X7i
   ニコン D5200
   ニコン D7100
* DMC-16 およびリアルタイム モーション コントロールのサポート。
* モーション コントロールの「ムーブ シュート」モードと、アニメーション中にモコを別のフレームに送信する機能。

Dragonframe 3.0.8

* Canon EOS 6D のサポート。

Dragonframe 3.0.6

* ニコン D600 のサポート。

Dragonframe 3.0.5

* Canon EOS 650D / Digital Rebel T4i のサポート。

Dragonframe 3.0.4

* Canon 5D Mark III、Canon 1DX、および Canon 60Da のサポート。
* Nikon D4、Nikon D800、および Nikon D800e のサポート。
* Mark Roberts S3 Stereoscopic Slider のサポートが改善されました。

Dragonframe 3.0.3

* ホワイトバランス、露出、フォーカスの Web カメラ制御 (利用可能な場合)。
* Canon RAW 処理の問題を修正。
*適合の信頼性を向上させます。
* ユーザーガイドの更新。
* 中国語版の起動時の問題を修正。
* Arduino、chipKIT、および Maple ボードの DFMoco スケッチを改善しました。
*終了時にすべてのモーターをゼロにするようにユーザーに促します。

Dragonframe 3.0.2

* 主な DMX ワークスペース速度の改善。
* Windows での DDMX-S2/IOTA のトリガー入力を修正しました。
* Windows での Nikon D5100 の修正。

Dragonframe 3.0.1

* ビデオとのリップシンク オーディオ同期が改善されました。
* より長いパルス幅とキル スイッチの DFMoco スケッチを更新しました。
* フランス語と中国語の更新。
* ファイルが壊れているか見つからない場合の QT エクスポートの警告。
* Windows のオーディオ再生の問題を修正。

Dragonframe 3.0.0

* 最初の 3.0 リリース。

Dragon Stop Motion 2 ソフトウェア (ライセンスは「D2」で始まります)

DSM2 バージョン履歴

Dragon Stop Motion 2.3.8

* Mac OS X Lion (10.7) での起動が改善されました。
* Canon EOS 1000D フォーカス チェックを修正しました。
* DVCPRO カメラのサポートが追加されました (コーデックが必要です)。
* NumLock 検出とリセットを削除しました。
* QT Legacy Capture デバイスを使用している場合、IIDC カメラ設定のサポートが復元されました。

Dragon Stop Motion 2.3.7

* Mac OS X Lion (10.7) 用に更新。
* 32 ビット モードで実行されている Leopard および Snow Leopard との Canon Powershot 接続を修正しました。
* Nikon D3X ライブ ビュー接続を修正しました。
* シネマトグラフィ ウィンドウは、テイクの切り替え時にカメラ設定の表示を適切に更新します。
* 改善されたフランス語の翻訳。

Dragon Stop Motion 2.3.5

* Canon EOS 600D/T3i および 1100D/T3 のサポートが追加されました。 (PPC サポートなし)。
* ビデオ ソース キャプチャでのブランク フレームと長い遅延を修正しました。
* ステップからフレームへのオーディオ スクラブ (以前はステップからのフレームでした)。
* Windows での非 ASCII 文字の問題を修正しました。

Dragon Stop Motion 2.3.3

* Windows での QuickTime ラインアップ レイヤーのクラッシュを修正しました。
* 画像を回転/反転させたときのライブ ビューの倍率を修正しました。
* 一部の Windows システムでのプログラム サウンドの再生を修正しました。
* 別のシーンからのカメラ設定のインポートを修正しました。
* ドイツ語の翻訳を改善しました。

Dragon Stop Motion 2.3.2

* インストーラーに関する Nikon D7000 の問題を修正しました。
* ラインアップ レイヤー フレームの読み込みの問題を修正しました。
* オーディオ ウィンドウを開いた状態での再生が改善されました。
* 改善されたスペイン語の翻訳。

Dragon Stop Motion 2.3.1

* Nikon D7000 のサポートを追加
* 3D ステレオ QuickTime エクスポートを修正

Dragon Stop Motion 2.3.0

* 多言語インターフェース。
* オーディオ編集の改善。
* ホットキー設定の改善。
* DMX インターフェイスの多数の改善。
* CSV/Excel への X シートのエクスポートを追加しました。
* トグルをオンにして再生中のロックアップを修正しました。
* ラインアップ レイヤーが最新の QT で更新されない問題を修正。
* インターフェイスからシリアル番号を非表示にします。

Dragon Stop Motion 2.2.1

* ツール パレットに不透明度スライダーが表示されない問題を修正しました。
* ライブ フレームを通り過ぎたときに表示されるラインアップ ムービーを修正しました。
* すべてのモニターでキャプチャのブラックアウトが改善されました。
* XP でのキャプチャのブラックアウトの問題を修正しました。
*ブラックアウトウィンドウを閉じるESCキーを追加。
* Leopard を実行している Mac PPC コンピュータでの DV 入力を修正しました。

Dragon Stop Motion 2.2.0

* 3D ステレオ レビュー: アナグリフを表示し、コンバージェンスまたはエッジ フロートを設定し、眼間距離を調整します。
* 3D テスト ショット: 3D テスト ショットを撮り、3D レビュー ツールを使用してそれらを評価します。
* 3D 再生: アナグリフまたは透明度をカラーまたは白黒で使用して 3D シーケンスを再生します。
* ステレオ (3D) QuickTime のエクスポート: 3D シーケンスを QuickTime にエクスポートします。
* DMX キーフレーム編集の改善: 複数のキーフレームを選択し、タイムライン上でドラッグしてタイミングを変更します。
* 折りたためる撮影ツール: デジタル濃度計やカメラ コントロールなどのツールを使用していないときは折りたたむことができます。
* シネマトグラフィー画像のエクスポート: シネマトグラフィー ウィンドウに表示される静止画像をエクスポートします。
* Canon EOS 接続の信頼性が向上しました。

Dragon Stop Motion 2.1.0

*補助モニターのサポート
* 画像シーケンスのエクスポート
*高度な構成ガイド
* アニメーションのパンチイン
* DDMX-S2 または IOTA コントローラを使用した照明および外部デバイスの自動化
* IOTA ステレオスコピック スライダーによる 3D 撮影の自動化

Dragon Stop Motion 2.0.6

* セカンダリ ドライブ/ボリュームでのサムネイルの作成を修正しました。

Dragon Stop Motion 2.0.5

* Canon EOS 550D (Digital Rebel T2i) のサポートを追加。
* Canon EOS 50D/7D/5D MkII のデジタル レンズのオート フォーカスを修正しました。
* 被写界深度プレビューを有効にした Canon EOS 7D のロックアップを修正しました。
* SHOOT をすばやく押したときのフレーム番号の混同を修正しました。
* キャプチャ中に DELETE を押すと発生するエラーを修正しました。
* アプリケーションは Snow Leopard OS X Server に表示されます。
* [名前を付けて保存] ダイアログ (Windows) での新しいフォルダーの作成/名前の変更を修正しました。
* 問題のある CellSoft DSLR Source (Windows) への接続を回避します。

Dragon Stop Motion 2.0.4

* Canon 1D Mark IV のサポートが追加されました。
* RAW 画像キャプチャによるニコン プレビュー静止画モードを修正しました。
* キャプチャに失敗した後のニコンのキャプチャ ステータスを修正しました。
* Nikon が RAW + JPG キャプチャで時折ハングする問題を修正。
* ビデオ/iSight 接続を閉じるときの Mac でのハングアップを修正しました。
* フォーカスとミラーアップのキャプチャ エラーに関する特定の警告を追加しました。
* Windows XP の起動エラーを修正しました。

Dragon Stop Motion 2.0.3

* シャットダウン タイマーを延長すると Canon がハングアップする問題を修正。
* アプリケーションを終了するときに Canon がクラッシュする問題を修正 (まれ)。
* より優れた制御のために、QuickTime レガシー ビデオ接続を使用するオプション。
* 初期寸法が利用できなかったため、キャプチャ デバイスが表示されない問題を修正しました。
* Windows 7 用の最新の Nikon モジュールを追加しました。
* 作業中に外付けドライブを取り外す際の MacOS の問題を修正しました。
* プロジェクトが外部ドライブにある場合の QuickTime エクスポートのプレクロップを修正しました。

Dragon Stop Motion 2.0.2

* Canon 7D および Nikon D300S のサポートが追加されました。
* 削除によるカットバックは、カットバックしたフレームを削除するようになりました。
* 新しいシーンの自動検出カメラは、カメラ リストが一度更新されるのを待ちます。
* Snow Leopard での HDV ソースの不安定性を修正。
* Canon/Nikon カメラに接続する一般的な PTP カメラ インターフェイスを修正しました。
* 64 ビット ヘルパー アプリケーションと通信するスレッドを減らします。
* 「open with」画像アプリケーションを設定する際のエラーを修正しました。
* 編集が行われた後、再生ヘッドは元の場所にとどまります。
*ゼロ除算エラーを修正しました。
* Dragon Controller のキーパッド DELETE は、正しいキーに表示されます。
* Canon 5D Mk II の露出プレビュー オフセットを修正。

Dragon Stop Motion 2.0.1

* 問題の報告またはカメラ レポートの提出後にフィードバックを追加しました。
* Snow Leopard を搭載した 32 ビット Intel Mac の起動を修正しました。
* 自動トグル フレームを修正しました (1 つずれていました)。
* シーケンスの途中でのフレームの切り取り/コピー/貼り付けを修正しました。
* Vista での Wi-Fi カードの検出を修正。
* ライセンスを非アクティブ化した後の起動の問題を修正しました。
* プレビュー フレームを取得する際の Nikon のクラッシュを修正しました。
* 64 ビットから 32 ビットへのプロセス通信が改善されました。
* Canon ライブ ビューの実装でのメモリ リークを修正しました。

Dragon Stop Motion 2.0.0

初回リリース。

DMC-32/DMC-16/DMC+ 資力

DMC-32 ユーザーガイド

DMC-16 ユーザーガイド

DMC+ ユーザーガイド

DMC-32 ファームウェア

バージョン履歴

DMC32 4.5.2

* メーター信号とシャッター信号が入れ替わっていた問題を修正。

DMC32 4.5.1

* USB が変更されるか、LTC が変更されるとスクリーンセーバーを終了します

DMC32 4.5.0

* LTC ステータスを Dragonframe に送信し、UI に表示します (DF 5.3)
* 同期する前に LTC が実行されていることを確認してください
* アクティビティがない状態で 15 分後に「スクリーンセーバー」を追加しました

DMC32 4.4.9

* LTC がフリーズしている場合でも、リアルタイム再生の開始時にハングしないようにします。

DMC32 4.4.8

* リアルタイム プリロール中、DMX でプログラムされたトリガーがフレーム 1 状態であることを確認します。

DMC32 4.4.7

* ジョグ中のハードストップはすべて、次のフレームに到達しようとせず、より速く停止します (DF5+ のみ)

DMC32 4.4.6

* ライブで移動を実行するためにリグがバックアップしている間のハードストップ処理を修正しました

DMC32 4.4.5

・ジョギング中の位置更新通知率アップ

DMC32 4.4.4

*スイング/パン仮想モードを修正

DMC32 4.4.3

* AIM ポイント + ノード オフセットの問題を修正

DMC32 4.4.2

* PIC ファームウェアを更新して信頼性を向上

DMC32 4.4.0

* ハードストップはソフトリミットを考慮
* PIC 通信障害の報告
* PIC 通信障害を回避します。モーターが両方向に動くことを確認する必要があります。

DMC32 4.3.0

* 連続リアルタイム ループ再生またはピンポン再生が追加されました。 (DF 5.1+)

DMC32 4.2.6

*プレロールが動かなくなる問題を修正

DMC32 4.2.5

* 4.2.4 で実行中の移動がライブで発生したリグレッションを修正

DMC32 4.2.4

* アニメーター制御の軸を使用している場合の継続的なハード ストップ エラーを修正

DMC32 4.2.3

* アップロードされた最後の動きを過ぎてライブの動きを再生すると、DMX がオフになる問題を修正しました

DMC32 4.2.2

*デカルト仮想ジョグ速度を修正

DMC32 4.2.1

*ライブムーブ中のブループを修正

DMC32 4.2.0

* 初期の DMC-32 パブリック ファームウェア

DF4+ 用 zDMC ファームウェア

「z」アップグレード カードを備えた DMC-16 または DMC+ の場合。シーン|接続ステータスに「zDMC-16」または「zDMC+」が表示されます。

バージョン履歴

zDMC 4.4.8

* リアルタイム プリロール中、DMX でプログラムされたトリガーがフレーム 1 状態であることを確認します。

zDMC 4.4.7

* ジョグ中のハードストップはすべて、次のフレームに到達しようとせず、より速く停止します (DF5+ のみ)

zDMC 4.4.6

* ライブで移動を実行するためにリグがバックアップしている間のハードストップ処理を修正しました

zDMC 4.4.5

・ジョギング中の位置更新通知率アップ

zDMC 4.4.4

*スイング/パン仮想モードを修正

zDMC 4.4.3

* AIM ポイント + ノード オフセットの問題を修正

zDMC 4.4.0

* ハードストップはソフトリミットを考慮

zDMC 4.3.0

* 連続リアルタイム ループ再生またはピンポン再生が追加されました。 (DF 5.1+)

zDMC 4.2.6

*プレロールが動かなくなる問題を修正

zDMC 4.2.5

* 4.2.4 で実行中の移動がライブで発生したリグレッションを修正

zDMC 4.2.4

* アニメーター制御の軸を使用している場合の継続的なハード ストップ エラーを修正

zDMC 4.2.3

* アップロードされた最後の動きを過ぎてライブの動きを再生すると、DMX がオフになる問題を修正しました

zDMC 4.2.2

*デカルト仮想ジョグ速度を修正

zDMC 4.2.1

*ライブムーブ中のブループを修正

zDMC 4.1.5

* 代替ゴーモーション アルゴリズムを追加

zDMC 4.1.4

*照準点「死のシリンダー」は設定可能です

zDMC 4.1.2

* 2 つのモーターを結合できるようにする

zDMC 4.1.0

*死の列に直接入っている間はエイムポイントを使用できません

zDMC 4.0.9

* Dragonframe からトリガーされた場合のフラッシュ e-stop

zDMC 4.0.8

* 最初の zDMC リリース
※狙うポイント
* DMXタイムラインを介してロジックとリレー出力をプログラム

DF4+ 用 DMC ファームウェア

アップグレード カードなしの DMC-16 または DMC+ の場合。シーン|接続ステータスに「DMC-16」または「DMC+」が表示されます。

バージョン履歴

DMC 2.4.0

* 非常にゆっくりとジョギングしているときに停止するときにスロー ストールアウトが発生する可能性を防ぎます。

DMC2.3.8

* パフォーマンスが向上し、バーチャルでステップを失うのに役立ちます。

DMC 2.3.7

* モーターの最大速度を考慮して、バーチャルでの速度処理を改善します。

DMC2.0.0

* DF4 の速度と精度のプロトコルを更新しました。

DF3のファームウェア

ライセンス マネージャーは、多数の Dragonframe ライセンスを使用する学校や大規模な機関向けに、代替のアクティベーション方法を提供します。詳細については、サポートにお問い合わせください。

追加 資力

フェイスセット:「カウントDragonframe」

IOTA 配線図

eMotion TB3 DFモコ

eMotion TB3 軸のセットアップ

古いソフトウェア リリース

macOS

Windows

Ubuntu AMD64

Fedora x86_64