Fujifilm GFX 50S
富士フイルム GFX 50S
Fujifilm GFX 50S Dragonframe を使用したストップ モーション アニメーションまたはタイムラプス撮影のセットアップ手順

サポートされているバージョン

Dragonframe 4.3.4 以降が必要です。(5.x、2024.x 以降)

ライブビュー

Fujifilm GFX 50S USB接続を介してライブビューを提供します。ライブ ビューのサイズは 1024 x 768 です。

カメラ設定

Dragonframe は Fujifilm GFX 50S ISO、シャッタースピード、絞り(デジタルレンズ使用時)、画質、サイズ。

製品情報

Fujifilm GFX 50S のマニュアルと仕様は、Fujifilm の Web サイトにあります。

ちらつきを避けるマニュアルレンズ

電子制御絞りレンズによって引き起こされる可能性のあるちらつきを回避するには、完全手動絞りレンズの使用を検討してください。
絞りフリッカーの詳細

セットアップ手順

  1. 新しいシーンを作成するか、既存のシーンを開きます。 (シーンを開いていない限り、Dragonframe はカメラに接続しません。)
  2. 可能であれば AC 電源でカメラに電力を供給するか、完全に充電されたバッテリーを使用してください。
  3. カメラに接続している可能性のある他のアプリケーションを閉じます。
    • - macOS の場合、[イメージ キャプチャ] を開き、カメラを選択し、左下のポップアップ領域で [接続カメラを開く: アプリケーションなし]を選択します。 (写真参照)
  4. Dropbox がカメラのクライアントでないことを確認してください。
  5. 同期をオフにしてもカメラに干渉する可能性があるため、 Google バックアップと同期を終了する必要がある場合があります。
  6. ウイルス対策ソフトウェアを使用している場合は、Dragonframe をホワイトリストに登録して、カメラにアクセスできるようにします。
  7. SET UP : CONNECTION SETTING : PC SHOOT MODEUSB AUTOに設定します。
  8. レンズアダプターを使用する場合は、 SET UP : SHOOT WITHOUT LENSONに設定してください。
  9. FUJIFILM X Webcamソフトウェアを実行しないでください。カメラとの接続に干渉します。
  10. 適切なUSB ケーブルでカメラをコンピュータに接続します。
  11. 映画撮影ワークスペースに進み、カメラの露出設定を調整し、フォーカスを確認し、テストショットを撮ります。